経営科学系研究部会連合協議会 平成28年度データ解析コンペティション
経営科学系研究部会連合協議会
  • 締切: 2017年03月31日
  • 応募:0件 / 0人
  • ¥0

経営科学系研究部会連合協議会主催の平成28年度データ解析コンペティション

このコンペは経営科学系研究部会連合協議会が主催する平成28年度データ解析コンペティションです。
本コンペティションにエントリーされ参加許可された方のみ、参加することができます。
(2016/8/25で参加受付は終了しております)

コンペティションを通じて、データ解析及びモデル設計を行うことで、新たな知見を誘発し、学術的及び実務的な研究の発展に寄与することを目的とします。



データ解析コンペティション
平成6年より「共通の実データを元に、参加者が分析を競う」ことを目的とした「データ解析コンペティション」を開催しております。
POSデータのような取引データや、生活者の意識を調査したアンケートデータなど提供し、これまで10数年にわたり開催されてきました。
本コンペティションは当初は学会研究部会単独で開催してまいりましたが、参加研究部会の増加にあわせて、経営科学系研究部会連合協議会で取りまとめをしております。
平成27年度では、参加チームが約110チーム、参加者総数は延べ700名超でコンペティションを開催いたしました。
さらにはコンペティションの成果を、学会での研究発表や、学術論文発表として発表しております。



お問い合わせ
データ解析コンペティション事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷5-27-8 赤門樋口ビル201
(株)産業科学研究開発センター内 データ解析コンペティション事務局
お問い合わせフォームはこちら


参加者の皆さまへ
1.データのダウンロードは、事務局に申込書・誓約書をご郵送頂き、データ解析コンペティション事務局の承認が必要となります。
※SIGNATEへのご登録は、データ解析コンペティション事務局へ申請したemailアドレスをご利用ください。

2.データのダウンロードの際には、注意事項をよくご確認頂きますようお願い致します。

3.ご不明点・ご質問があった場合は、下記へお問い合わせください。

●コンペティション全般に関するお問い合わせ
データ解析コンペティション事務局 ⇒こちらから
●システムに関するお問い合わせ
SIGNATE  ⇒こちらから

期間
2016/8/5~2017/3/31



詳細
8月5日 発足式
9月16日~9月30日 データ配布期間
※データ配布に当たっては、申請書・誓約書の送付と確認が必要です。
10月~1月 中間発表2月 各研究部会で最終発表・審査・成果報告会出場チーム決定
3月 成果発表会・審査・表彰

はじめに
経営科学系研究部会連合協議会(JASMAC:Joint Association Study group of Management sCience,以下「本協議会」)は、
国内の学会及び学術団体のうち経営科学ならびにマーケティングに関する研究グループが集まり、
人的交流、意見交流を行う場として平成16年4月に設立されました。
経営科学研究ならびにマーケティング・サイエンスの研究者の交流の場ならびに、産学連携のプラットフォームとして活動しております。


本協議会を構成する学術団体
本協議会は以下の学術団体により構成されております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会 ビッグデータとマーケティング分析研究部会
日本マーケティング・サイエンス学会 ID付POSデータ活用研究部会
日本マーケティング・サイエンス学会 消費者・市場反応の科学的研究部会
日本マーケティング・サイエンス学会 消費者行動の学際的研究部会
日本マーケティング・サイエンス学会 市場予測のための消費者行動分析研究部会
日本計算機統計学会 データ解析スタディーグループ
日本データベース学会 ビジネスインテリジェンス研究グループ
ACM SIGMOD 日本支部
日本経営工学会 経営情報部門
慶應義塾大学大学院理工学研究科・SDM研究科・経営管理研究科
株式会社NTTデータ ソリューション&テクノロジーカンパニー技術開発本部
株式会社産業科学研究開発センター

共催:日本ソーシャルデータサイエンス学会
協力:株式会社オプトホールディング データサイエンスラボ


活動内容
本協議会は経営科学ならびにマーケティング・サイエンス研究の興隆を目的して、主に以下の活動をすすめています。


講演会・セミナーの主催・共催
経営科学、特にマーケティング分野の学術研究に関する、単一学会を超えて関係する研究部会の情報交換、人材交流・人材育成をおこないます。
最新の経営科学ならびにマーケティング・サイエンスの諸手法、動向などについての報告やディスカッションを行います。
これらは構成される学術団体の研究活動としても行われる場合があります。産学両者の最先端の多数の専門家が集まり、
経営科学に関する現状と今後についての議論を行います。


データ解析コンペティションの主催
平成6年より「共通の実データを元に、参加者が分析を競う」ことを目的とした「データ解析コンペティション」を開催しております。
POSデータのような取引データや、生活者の意識を調査したアンケートデータなど提供し、これまで20年にわたり開催されてきました。